» 2015 » 6月のブログ記事

新メンバーです

| 未分類 |

那覇市内の小学校で、特別支援クラスの子ども達にCAPのワークショップを届けてきました。
(今回のワークショップは、源河朝明記念那覇市社会福祉基金の助成を受けての実施です)

低学年の子ども達には、人形劇で「知らない人からの身の守り方」をお話ししました。
新メンバー
今日は、そこにお人形の新メンバーさんたちがやってきました。
左から、お母さん役、たろう君役、よしこちゃん役、知らない人役、おばあちゃん役です。
かわいいんです。ほんとに。持ちやすく演じやすい。ウキウキしながらのお人形デビューでした。

よしこちゃんとたろうくんがおばあちゃんの家にいくまでに、知らない人が声をかけてきて…というお話。
お母さんに教わったことを使って、勇敢に対処するよしこちゃんとたろうくんを子ども達も応援し、
すごく楽しんでくれました。

「子どもは楽しいときに多くを学ぶ」というのがCAPプログラムの考え方。

演じている私たちも楽しくて、元気がもらえる時間になりました。

ちなみに、働き者のお人形さんたちは、「暑い」とか「疲れた」とか一言も言いません。
見習わなくては!と思います。
(たかこ)

しゃくやく

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
美しい女性を表現する言葉ですが、この「しゃくやく」をお花屋さんで見つけました。
今が旬なのだそうです。

「へ~、しゃくやくってこんな花なんだ~。」
子ども達に見せてあげようと、買って帰ったところ、
二十歳を過ぎた子も、もうすぐ二十歳の子も、「立てば芍薬~」の言葉自体知りませんでした・・・。
「ほら、見てごらん」と、国語辞典を引いてこの言葉を見せようとしたら、
「しゃくやく」のところには、「牡丹に似た花」と書いてありました。
「立っても座っても一緒じゃん!?」と、
ますますありがたみがなくなりましたが、花は綺麗に咲いています。
家の中で、この場所だけが、まさにピンポイントでキレイです。